フォトポタに挑戦

ゴールデンウィーク真っ只中、やっと動ける様になったのでちょっと外出してみました。
とは言っても無理は禁物なのでとりあえず工房まで車で...

Raychell R-241N

そこから今日の主役となる"Raychell R-241N"をα6000でパチパチと数枚。
構図とか距離とか色々と難しいですね~

全体的な構図で50mmだとiPhoneとあまり変わらない感じ、距離的に210mmでアップ狙いの方がカッチョ良く撮れていました。

Raychell R-241N

余談ですがこのRaychell、数年前にポイントで頂いた物で自宅玄関先のお飾りだったチャリ。
最近になって工房に配備してからはランチに現場にと活躍しているミニベロです。
スピードは大して出ませんがこいつでポタするのが最近の楽しみ。


でっ、α6000を持って始めて向かった先は国体に向けて絶賛改修中な栃木県総合グランド。

栃木県総合スポーツゾーン

近隣道路も含めたかなり大掛かりな整備計画の様で自転車専用レーンとかはあるのかなと気になっていたもので。
しかし、ロードバイクで周回出来そうな計画は無いみたい、南口から引かれたブルーラインって意味あるのか?

宇都宮は自転車王国みたいなイメージ強いですが、栃木県は自転車には興味が無いらしい。
これだけデカイ敷地、無免許の子供に好きなだけ自由に走ってこいと言える環境も取り入れて欲しかったが残念...


そして次に向かった先はこちら。

Old Power

道端に眠っているショベルカー!!

ところが、現場に着いた頃にはポツポツと雨が降り出してしまいじっくり撮影とはいきません。
なにせ買ったばかりのα6000ですから絶対に濡らしたくないみたいな。
望遠レンズも持っていたのでダッシュで工房まで走りましたハァ

始めてのフォトポタあえなく終了...


戻ってからはRaychellの整備を少々。
トップの入りは悪いし中間もぎこちない感じでしっくりきません。
暖かくなってワイヤーも伸びてきてるし稼動範囲の調整もしないと駄目かなと思いきや

シマノ6段スプロケット

よく見るとガイドが曲がってディレイラーに当たっていました、トップが入らない訳ですよね。
ワイヤーもアジャスターをちょっと絞ってあげたらいい感じに。

レース中にサポートカーから身を乗り出して弄っているのはこれなのですね、走りながら調整するなんてスゲ~



今回はα6000を持ち出して始めてのフォトポタだったので色々と課題も発見しました。
少しずつ準備して何時かはロードで長距離に挑みたいところです。

では、また。

関連記事
スポンサーサイト